小石


ぽんと放られた小石のよう
何処か遠く飛ばされて
忘れられてゆくのだろう

道に転がる沢山の
変わる事なくいたずらに
埋まれてしまっていたけれど

手に取られてはぽんと飛ぶ
ゆくのは鳥か蝙蝠か
すれ違ってはぽちゃりと落ちる


静かな川原に響く音
取り残された水面の
広がり始めた小さな波紋

BACK